上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
hata28[1]


「動け!動け!動いてよ!
今動かなきゃ何にもならないんだ!
今動かなきゃ、今やらなきゃ
みんな死んじゃうんだよ!
もうそんなの嫌なんだよ!
だから!動いてよ!!!」



… …と、なぜか突然動かなくなった
家のビデオキャプチャー.ユニットに言ってみるテスト… …

あ、ビデオキャプチャー.ユニットというのは
パソコンでテレビを見たり録画したりするために使う道具でしてね。
つまりこれが壊れちゃうと僕は家で
テレビを見ることも録ることも出来なくなっちゃうんですよ~。


あーはっはっ… …は、はは… … … … … … … …はぁ… …

お… …俺の予約番組が… …

「なんてこと!?」(赤山博士風)

シャア専用みたいな色の奴なんですが
帰って来てすぐに買った奴なのに… …

それともあれか?
シャア専用なだけに?
壊れるのも通常の三倍のスピードみたいな?
あーひゃひゃひゃひゃひゃひゃーーー


(ノ›ロ‹)ノ:・,∸ わらえるかー!!

シクシクシクシクシクシクシクシ… … … …

さて、今週の話です…

一月も終わりに近づいてきたせいか
一ミリくらいのスゲー小さい羽虫が
尋常ではない数、飛んでいます。
大丈夫なんでしょうか、地球は。

それとも浦和やさいたまだけであの虫は異常発生しているんでしょうか?

街中に虫除けスプレーを撒き散らしたいです。
どうもコンバンワ。ケンジロウでございます。


寒いのは勘弁なのですが虫はさらにダメなので
ちょうど良い暖かさで虫のいない国に住みたいです。

こう見えても昔は昆虫が大好きで
小学校で一人はいる、
いわゆる『昆虫博士』だったのですよ、ぼくは。
図鑑を意味もなく暗記して、もう虫についてはファーブルを超えたなと
勝手に思っていたほどでした。

それが昆虫博士を廃業した今や
カブトムシとかクワガタとかカマキリといった
いわゆる超メジャー級の虫をギリギリ触れるくらい。

ああいう
「なんかいっぱいいる虫」はもうダメ。全然ダメ。

好きだという人も、まぁあまりいないでしょうけど
基本的には見るのも嫌なので
ますます引きこもり生活をこじらせそうです。



あー、でも小学生時代に友達の家にあった
『珍虫と奇虫』って本はかなり面白かったです。

なんというか載っている虫たちが皆
進化の方向性をかなりアバンギャルドな方向に求めた感じで
なかなかロックを感じさせる
ナンバーワンよりオンリーワンな虫たちが全ページに渡って紹介
されるという素敵な本でした。

そんじょそこらのホラー小説よりも怖かったですね。

『事実は小説よりも奇なり』とはよく言ったものですな(笑)

アッヒャッヒャッヒャッ (≧∇≦)ノ_彡☆バンバン!






_| ̄|○




さて…塾にでもいってくるか… 今回の曲は、うきうき、わくわくするような
心温まるリズミカルな曲です。聴いてて楽しくなります。
明日には待望のCDも届きに来るし、楽しみだなー。

ではではー




スポンサーサイト
2009.01.31 Sat l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。